受験勉強

英語力をつけるには?英語の向上は一体いつ??

私はMBAへの受験期間も、留学後も英語力が低いことに悩まされ続けました。一番英語力が進歩したなぁと思ったのは、MBAに入学してから6ヶ月後のことです。

最初の頃は、授業に出ても先生や周りの生徒が何を言っているのかさっぱり理解できなかったのですが、6ヶ月後には「あれ!?何を言っているのか100%は理解し切れないまでも、話の趣旨やポイントを掴めるようになってきた!」と感じ事ができました。

参考までに、私がMBAに行ってからの英語環境をご紹介したいと思います。

MBA中の英語環境

・毎日6時間の英語授業

・3時間以上のグループワーク

・1時間のオンライン英会話

・家のテレビは常にCNN

 

特に英語力の向上に大きな影響を与えたのは、毎日6時間以上の授業を聴き続けたことではないかと思います。大事なのは内容理解をしながらリスニングすること。私は聞き流しには反対派で、意味がないと思っています。(まぁ、何もやらないよりはマシかもしれませんが。)また、毎日継続することが大切だと思います。英語を聴く日を1日、2日間空けてしまうと驚くほどリスニング力が低下していることに気づきました。

継続することは大変ですが、私なりに振り返ってみると英語、特にリスニング力については3ヶ月ごとに伸びていくものだと思います。3ヶ月目で少しずつリスニング英語に対する理解が深まり、6ヶ月目で成長を実感できるレベルになるという感じでしょうか。まずは3ヶ月の壁を乗り越えることを目標に定め、毎日地道に積み重ねることに注力することが成長のカギだと考えます。

上記を踏まえ、このロジックを日本で行うMBAの受験勉強に置き換えてみると、「毎日6時間以上の英語を内容理解しながら聴き、これを6ヶ月間継続すれば英語力は上がる!?」という仮説が出来上がります。

検証はできていませんが、恐らくこれだけの量をやれば英語力は上がると思います。しかし、働きながらのサラリーマンが毎日リスニングだけに6時間も時間を費やすことは難しいでしょう。

では、日本の環境に置き換えて考えるならどうすればよいでしょう。やはり最低1時間以上は英語のリスニングを毎日続けることがスコアを伸ばすための必須条件であることが分かると思います。英語圏の環境下でも毎日6時間で3ヵ月、6ヶ月かかっているわけですから、日本語圏の環境下であれば毎日1時間、最低でも3ヵ月の継続が最低ラインであるということが理解していただけたと思います。

言うは易し行うは難し、私も受験期間中に1時間以上のリスニングを毎日続けられていたかというと答えはNOです。だから、スコアが低いわけですが笑。。

お伝えしかたかったメッセージとしては、英語は2次関数的に伸びるものであり、継続と忍耐が必要ということです。勉強をやっていると、「なんでこれだけやっているのにスコアが伸びないんだろう」、「いつになったら伸びるんだろうという」気持ちになります。現に私も受験時はそう思っていました。ただ、今振り返ると全くやる量が足りていなかったし、毎日継続もできていませんでした。

また、大切になってくるのが毎日継続できなかった時の対処法です。継続が途切れてしまった時に自己嫌悪に陥ったり、モチベーションを下げたりするのではなく、とにかく粘り強く続けることです。途中で中断してもいいんです。サボる日があってもいいんです。ただ、諦めないで、またすぐにやり直せばいいだけなのです。大事なのは、絶対に最後の最後の部分では諦めない不屈の精神を持ち続けること!

以上を自分で成長を感じるまでの目安にして取り組んでいただければと思います。私は、根拠のない自信を持ち続けることは、夢や目標を叶える上でものすごく重要だと考えています。

TOEFL19点の状態から一体誰が「MBAに行けるよ、君ならできるよ」と背中を押してくれるでしょうか。99.9%そんな人はいないと思います。例え家族であってもです。人間誰しも、過去の実績と現状の延長線上でしか物事を考えられないのが常です。そのレールから外れる夢や目標に対しては、「そりゃ無理でしょう」「無謀でしょう」というリアクションをするのが普通だと思います。しかしひとたび、その無理で無謀な挑戦が実現されてしまうと、人はそれを奇跡と呼ぶ、称え始めます。

何を言いたいかというと、自分の夢や目標は、自分で自分のことを信じてあげなければ、誰も叶えてくれないということです。本当に、心の底から人生をかけて叶えたいことなのであれば、過去の実績や現状なんか全く気にする必要はありません。ただただ根拠のない自信を基に自分自身を信じてあげることが大切であると私はMBAの挑戦を通じて学んだ次第です。